幸福

ブーケトスの意味

結婚式の際に行われることが多いブーケトス。
みなさん、結婚式に参加した際には一度はみたことがあるでしょう。

ブーケトスというのは結婚式の後に行われ、新婦さんが後ろを向き、
そのまま後ろを向いたままブーケを投げ、参加した方の誰かがキャッチをします。
そのブーケをキャッチした方が次の花嫁になれるということで
幸せをもらうことができるという言い伝えによって伝えられています。

ブーケトスには、ウェディングドレスの際に用いられるブーケとは
また別にブーケトス用として準備されます。
欧米から伝わったといわれ、現代の結婚式でも、定番となりつつあるものになります。

もともとの意味については、様々な説があるようですが、
14世紀頃のイギリスで、結婚式に参加していた方々が花嫁の幸せにあやかりたいということで
ウェディングドレスを、ひっぱってブーケの花や小物などを取ったとされていて、
その対策としてブーケを投げたといわれています。

そういった行動によって幸せをお裾分けするという意味で何かを投げるということにつながり、
ブーケトスになったとされています。

本来通り行うとなると、ブーケトスは未婚の女性のみを集め行うそうですが、
最近では年齢によっては未婚といわれ集まるのが恥ずかしいといったことや、
みんなが楽しめるようにと全員参加型にする場合が増えてきているようです。
ブーケにプラスしてちょっとしたプレゼントをつけておいてみんなが取りたいと盛り上がれるように
様々工夫がされていることが多くなっているようです。

またあまり知っている方も少ないですが、男性が行うブーケトスもあるんです。
男性の場合は、新郎が新婦のガーター ベルトを外して後ろ向きで投げ、
受け取った方が次の花婿になれるといったいい伝えやブロッコリーを投げて子宝に恵まれますように。
といった様々ものがあり、来て下さった方が楽しめるものが多くなっているようです。

様々な言い伝えがありますが、楽しめるように考えられたというのも大きいかもしれませんね。