幸福

ウェディングケーキ入刀の意味

結婚披露宴などで行われるイベントの一つともいえるウェディングケーキ入刀ですが、
この一つにもしっかりと意味が込められているってご存知だったでしょうか。

そもそも、結婚披露宴の中で意味がないものなどは存在しないかとは思いますが、
その中でも2人にとってケーキ入刀は今後思い入れのあるものとなるものでしょう。

披露宴の写真などを見返してもやはりケーキ入刀の写真は多く
結婚披露宴の中でも2人のシャッターチャンスといえますよね。
友人などの結婚披露宴に出席した際ここぞとばかりに近くにいき
シャッターチャンスを狙って写真を撮った。なんて記憶はないでしょうか。

披露宴の流れの一つではなく、
きちんと意味を理解してこれからの2人の未来に向けて弾みとなるよう行ってほしいかと思います。

そもそものウェディングケーキ入刀の意味は2人のはじめての共同作業といわれていて、
新婦はケーキナイフを両手で持ち、新郎は新婦の腰の辺りを左手で支え、
右手は新婦の両手の上に添える形でゆっくりとケーキに入刀するのが基本となります。

また、みんなに2人の幸せをお裾分けするといった意味もあることから
みなさんにふるまれるようになっているようです。

ウェディングケーキの種類やデザインにも様々あり、
昔はそびえ立つようなすっと高いマンガやテレビで見るような
イミテーションのケーキが多かったようでしたが、
最近は生ケーキでケーキ入刀の後にみんなでわけて食べるというのが、人気となっています。

ウェディングケーキを選ぶ際には、デザインも選ぶことができ
2人のこだわったデザインにすることができるのですが、
ナイフを入刀するわけですからハートなどは避けた方がよいでしょう。
ハートに亀裂が入るのはあまり縁起がよいものではありませんからね。

様々ないい伝えがあるケーキ入刀ですが、縁起が悪いといっているものは一つもありません。
これからの2人にとって良い思い出そして共に頑張っていこう。と
思える瞬間であることは間違いないでしょう。